【料理】金時草のリゾット作ってみた

クリスマスイブイブはイタリアの自然派ワインを買ってきて、シャルキュトリでパテやらレバーペーストやら生ハムやら買ってきてちょっと奮発して楽しみました。

これはその締めの料理
金時草のリゾットです。

金時草とは


石川県熊本県沖縄県などでローカルな野菜として親しまれており、軽く茹でてポン酢をかけたり、お浸し、汁の実、天ぷらなどにして食べられている。強い香りとぬめりがある。
っていう熱帯アジアあたりが原産らしい野菜。
積雪すると地上部は枯れてしまいますが、多年草なのでまた5月頃生えてきます。
最近ではホームセンターに苗が出回るようになってきました。
12月も終わりに近づくと葉っぱも汚くなってきてきますね。

うちの庭の多年草ではこれとアシタバが元気。
セリとミツバは定着しなかったもよう。

綺麗めなところを収穫。これが今年最後の収穫かな。
いつもは三杯酢であえて食ってます。たまには別の料理をしようと思って。

葉の裏は鮮やかな紫色。

茎から葉っぱをもいでよく洗います。

そうそう、今回のレシピはこちら

とってもキレイな色のレシピ~金時草のリゾット


適当に収穫しましたが140グラム。
レシピの2/3くらいかな。

茹でる

3分茹でて

しばらく放置。

煮汁が絵の具を溶かしたような紫色に。
ヨウ素液みたい。




茹で上がったら葉っぱは水気をよく切っておく。

煮汁を取っておく。

炒め煮へ


みじん切りの玉ねぎを

厚底の鍋にバターの半分の10グラムをいれて
透明になるまでじっくり弱火で炒めます。

洗ってないコメを投入。油となじませます。

中火にして

ここで煮汁をかぶるくらい投入。
じっくりと炒め煮にする感じでかき回します。
15〜18分。

水気がなくなってきたらまた煮汁を足してあげて。


水が少なくなるとコメが鍋底にくっつきやすくなるので注意。

塩とバターで味を整えたら

はい!もうできた!
金時草のリゾット!
なんだこの色は!

クリスマス晩酌用に買ったパルミジャーノ・レッジャーノをすりおろし、茹でた金時草を添えて。

うん、うまい。キレイでうまい。パルミジャーノは絶対入れよう。いつもの「粉チーズ」じゃなくってパルミジャーノのすりおろしが絶対おすすめ。



0 件のコメント :

コメントを投稿

関連記事