印象に残った酒 ビールワイン日本酒

先日飲んだアンバースワンエール、一口飲んで驚いた。うまい!
クラフトビールはたまに飲むけどこれは頭一つ抜けてる感じだった。
もっとも価格も頭一つ抜けているのだが…。
(もっと安価になってほしい…)

飲みごたえがありつつ重すぎない。
これなら何杯でも飲めそうだ。
ちょっと値が張るので何杯も飲めるものでもないが。

RADIKONは自然派ワイン。少し色のついた白ワイン。
まっとうな燗酒に触れて分かったことがあって
本当にうまい酒はするすると体に入っていくことだ。
すべりがいいって表現が使われる。

このワインもスルスル入る。ワインですべりがいいというのは初めてで
斬新な感覚だった。



かつて一酒庵さんで初めてすすめられたのがこの2本。
群馬泉 山廃酛純米 と 生酛のどぶ。
いろいろなことをこの酒から学んだ。


開栓してすぐは首を傾げる感じだったが
常温放置で2週間もすると味がまとまってきてきれいな酸が明確になってきた。
あとは燗の温度。おいしい温度帯ってのも学んだ。
それから食べ物をおいしくする食中酒としての日本酒っての。
細かいことを言うともっとあるんだけど
今につながる燗酒ライフはここから始まったのだった。

最近でいうと群馬泉はこの酒よりワングレード上の「超特撰」を
定番酒とするようになった。




千亀のにごり酒かるくいっぱい 
これも印象深かった。
スパークリング日本酒。かるくっていうけど
炭酸が入っているので調子に乗っているとけっこうまわる。

これは印象に残った酒ではなくって鮭。
村上の酒加工専門店の 味匠喜っ川。
店の奥ではこんな光景が見れる。

干してある鮭をみてほしい。
向かって左と右の鮭の違いに。

また行きたいな。



関連記事