旨味のかたまりパンチェッタ再び

初めてパンチェッタを作ったのは今年の2月だった。
あれからもう10ヶ月経ったのか。

パンチェッタはイタリアの生のベーコン。
イタリアの家庭の冷蔵庫にはパンチェッタが入っていて
大事に大事にいろんな料理に使っていくそうです。とのこと!


失敗のリスクが低くしかもなにげに重宝する食材。
そして市販品を買ったらけっこう高い。

アンチョビとパンチェッタは自家製いいですよ!


ってことで寒くなったことだし再び作ることにした。

参考書はモーニングに連載していたクッキングパパ。
去年のクリスマスころの掲載!

フォークで突き刺し穴をあけまくる。


ぶすぶすぶすざくざくぶすぶす

はあはあはあ。
けっこう疲れるな。

塩こしょうをまんべんなく擦り込む。
塩の量は肉の10%が目安。

バットにキッチンペーパーを敷き
その上に網などのせて肉をおく。

肉と同じくらいの重しをして、均等に重みがかかるように。
2日間冷蔵庫へ入れ血抜き。


2日経ったら
脱水シート(ピチット)に包んで2〜3週間 冷蔵庫で寝かせる流れ。




手と脱水シートをスプレー除菌してから作業にあたる。

あとは適当に脱水シートがしっとり濡れていたら取り替えるだけ!
2〜3週間で出来上がります。
みなさんもぜひ!



関連記事