釣りカメラ考2012

毎年春になるとデジカメの新製品が発表になる。
今年は久しぶりに物欲がふつふつ沸いてきている。

現行の機材はこうだ。
これがメイン機。オリンパス PEN E-P1。
このキットレンズは暗くて色のりも悪く使っていない。


アダプタかませてフォーサーズ用の12-60mmを付けている。
解放側F2.8と明るいレンズはやっぱりきれい。でかくて重いけど。
もともとこれはオリンパスE-3に付けていたレンズだ。

不満点はAFが遅いこと。
画質は満足しているがもう少しコンパクトにならないかと思っている。

サブ機 オリンパス μ1030SW 防水カメラ。
画質は話にならないが1センチくらいよれるスーパーマクロは虫を撮ったりするとき便利だ。





これまたでかくて重いカメラだった。
源流釣行のさなか、防水バッグの口が開いて川にどぼん。
そのまま昇天した。とほほ…。



 デジカメ1号機はPentax ist*D。コンパクトでよかったよなあ。同時にキヤノンの
Kissとか出てたんだけど向こうはうすらでかかったんだよな。

このist*D、
釣りしてたら電源が入らなくなることがあり、
二度ほど入院した。湿気の多い渓流だからか電気系のトラブルだったようだ。

このあと防塵防滴のPentax K10Dをしばらく使っていたが
ホワイトバランスなどに不満があったためE-3に乗り換えたわけです。

(でもでもK5とかコンパクトでいいですよね…)

撮って出しのjpeg画像の発色は、オリンパスはなかなか気に入っている。

それでオリンパスからマイクロフォーサーズのOM-D EM5が発表された。
現行のEP-3に電子ビューファインダー付けて防塵防滴にしたって感じかな。
そうそう、オリンパスに乗り換えたのは防塵防滴でコンパクトな
レンズ交換システムが欲しかったからだったんだな。

・最近の技術の進化で、同じ性能がもっとコンパクトになっていやしないか。
・防塵防滴じゃなくってもいいんじゃないだろうか(実際PENはちがうし)。
そうなんだよ、雨の中使ってたけどちょっと調子が悪くなるくらいだったよ!
・あともっと広角なレンズが欲しいなあ。
・とくに電子ビューファインダーは必要ないかな。



マイクロフォーサーズ陣営のレンズの充実度は高い。
オリンパスのPEN Lite。バリアングル液晶もいい感じだ。
発売されたばかりのレンズ、12-50mmはマクロモードがついてるそうじゃないか。いいな。
でもなあフォーサーズユーザーから見ると、マイクロフォーサーズ用の交換レンズは
ちょっとチープにみえるんだよな。

出たばっかりのNikon1シリーズ。レンズ開発スケジュールも発表になってないし
映像素子はちいさいし。でもそのコンパクトさと値段の安さ(きっと交換レンズも安いのだろう)は
魅力的だ。へんなコンパクトカメラ買うならこっち買うでしょ。←偏見です
換算20ミリくらいの広角レンズが無いのがなあ…。
Fマウントのレンズが付けられるマウントアダプターもあるけど
センサーが小さいからどっちみち望遠っぽくなってしまうし。
ワイドコンバーターとかだしてくれないだろうか。


まとめ(たぶんまとまらない)
・PEN Liteのバリアングル液晶は便利そう。AFも速いし。
・釣りカメラとして防塵防滴無くてもいいならNikon1がいい。小さくて安いし。
カタログ見る限り、けっこういい写りしてるし。
デフォルトだと人の顔色の再現性があまりよくなかったかも。
・小さくて防塵防滴があって電子ビューファインダーがついてるのがいいって人ならOM-D
・アートフィルターで遊びたいならオリンパス(個人的には撮ったあとフィルターかけたい派です…)
・広角レンズ、仕事で使いたいけど釣りにはマストではないかも。
  (いいなあZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
・OLYMPUS  M.ZUIKO DIGITAL ED12-50mmF3.5-6.3 ってのが出たんだけど
マクロモードがついてる。今俺が使ってるレンズのマイクロフォーサーズ版といってもいいだろう。
これ間違いなくよさそうだ!

そのほか
・ソニーはメニューに機能がもぐっていて操作性が悪そう…
・パナソニックは本体に手ぶれ補正がないのがなあ…


ってことで、それでもなんでかNikon1にびんびんに惹かれている。
これからのシステムの発展性とかなんだろうか。
どうしても買わなくてはならないわけではないのでたぶん様子見だけど。
秋に2世代機が出るという噂もあるし待った方がいいのかもしれないな。

結局何が言いたいのか分からなくなってきました…。
仕事で使うんなら普通のデジタル一眼を拡張してった方がいいのかも。
すべてをかなえるものなんてないんだってことか。
以上。

関連記事