パンチェッタを作ってみた

一昨年買ったモーニング(講談社 毎週木曜発売)にパンチェッタが取り上げられていた。

クッキングパパ。
触れ合うことが許されないのにどうすれば君を温められる?
元カノ久美ちゃんが離婚したと聞いて、今カノ洋子ちゃんのことが頭をよぎるけども
いてもたってもいられず、かずおは熊本に向かう。
そして偶然にもかずおが下宿していた先で再会する…!

という展開はおいといて
豚バラにフォークで穴をあけまくったら

塩こしょう。
塩は肉の10%が目安だという。

網にのせてラップして

重しして2日間冷蔵庫。

ここでピチットの出番だ。
クックパッドなど見るとピチットを使わずキッチンペーパーなどで
すませているケースもある。
しかし検索した結果を見るとピチットが安全そうだ。
ってことでネット通販で購入した。



ちゃんとパンチェッタと書いてある。
安心だ。

ピチットは浸透圧の原理で水が抜けるのである。
最初にピチットする時はアルコールスプレーで
ピチットと手、まな板などを消毒しよう。
(最初だけでよいとクッキングパパはいっていたのでそうした)

このままピチットを取り替えつつも2週間。



替える頻度はどのくらいなんだ。
最初は中二日とかで替えていたが、
最後の方一週間は同じシートだったが大丈夫だろうか。

肉はだんだん小さくなっていく。
白いものが出てくるかもしれないがそれは肉のアミノ酸らしい。
あんまりでてないようだったが。


えっと、一ヶ月経ったけど、できたのかな。
炙って食ったらまた報告しますね。

関連記事