【料理】ラッキョウの甘酢漬け仕込んでみた。うまい酢さえあれば。

ラッキョウの甘酢漬けを仕込んでみました。
初めてです。

ラッキョウのスイートピクルスですね。

血液サラサラ!疲労回復!ビタミンB1の吸収率アップ!



レシピをみるといろいろあります。
具体的に言うと


  • ラッキョウを軽く湯通しするもの、しないもの。
  • ピクルス液を沸騰させるもの、砂糖が溶ける程度にとどめるもの。
  • ピクルス液が熱いうちに漬け込むもの、冷ましてから漬けるもの。
  • ラッキョウを塩漬けしてから漬けるもの、そのまま漬けるもの
  • 漬けるときカット昆布を入れるもの、いれないもの。


適当にやってもイケそうですね。

地物のラッキョウ1kgです。買って一日経ったら芽が生えてきてました。
買ったらすぐ処理するのがよいそうです。さっき知りました。

先日食ったカツカレー。そう!これについてきたラッキョウ食って、漬けてみようと思ったのでした!勝烈亭のカツカレーうまい。

うまい調味料で漬けたラッキョウはさぞかしうまいだろうと!



今回は、保存瓶についてきたレシピで行きます。
  • ラッキョウを塩漬けしてから甘酢に漬け込む。
  • ピクルス液は冷ます。
  • ラッキョウは湯通ししない。


ですね。


まずはラッキョウの塩漬けから


ラッキョウの洗浄

もみ込んで薄皮むきもかねます。



一皮むけましたな。


根と芽を取ります。
先に取った方がよいのではとのアドバイスをいただきました。
もうやっちゃいましたよ…。

だめ押しで水洗い。


塩漬けします。
ラッキョウ1kgに対して塩は50g。


軽い重しでよいそうです。約1kgの重し。ちょうどいいのがないので
ルクルーゼ18cm 1.5kgを載せました。

これでだいたい2日間漬けます。途中馴染ませると良いそうです。
しませんでしたけれども。




ラッキョウの仕込み、ものすごい疲労度です。6kgの梅の仕込みの比では無いです。
甘酢漬けは疲労回復に効くそうですが、プラマイゼロなのではないでしょうね。

いよいよ甘酢漬けにかかります


なんか緑のラッキョウが多いのが気になります。気になりますが特に何もせず続行します。


米酢(富士酢を使用)、砂糖(てん菜糖)、唐辛子、それとハチミツ。


富士酢はわりと味がしっかり目のお酢。アミノ酸が多めでムハ臭も多め。
気になる人はしっかり一煮立ちすると良いでしょう。

砂糖は200gだそうですがちょっと減らして100gにして…

ハチミツを追加しました。


わりと辛目な唐辛子なので加熱したあと取り除きました。
殺菌効果を気にされる方はそのまま入れっぱなしにしましょう。




はい!もうできた!ラッキョウの塩漬けからの甘酢漬け!
2〜3週間漬ければバッチリです。とはいっても塩漬けはすぐ食えるそうなので
浅漬けでいいならすぐ食えるんでしょうね。


完成が楽しみですね。


関連記事