【釣り】タイイング覚え書きノートをアップデート ダイスキン購入

いざ毛針を巻こうと思いたってから、はて巻こうとした毛針はどのフックの何番で巻けばいいんだっけ?
ってことがありすぎるために試しに作ってみた「フライタイイング覚え書きノート」がそこそこ評判でした。ですよね。これいいですね。

【釣り】フライタイイング覚え書きノート作ったよ【タイイング】

それならもっとちゃんとしたノートにすればよかった…ってことで
ちょっとだけアップデートしてみましたよ!


モレスキンにそっくりなこのダイソー Lether Type  notebook B6(通称ダイスキン)に!


レザーのような型押しの硬い表紙がついていて、さらにしおりのひもとノートを止めるゴムひもがついていてかなりモレスキンな感じ。
そして108円(税込)。
ページ数はちょっと少ない60枚。

旧フライタイイング覚え書きノートとの比較。


モレスキンのレシピジャーナルとの比較。一回り小さめ。



これはモレスキンレシピジャーナルと旧フライタイイング覚え書きノート

そしてダイスキン。紙の色もすこし黄色がかっていてかなりモレスキン。ただ罫線の色は少し濃いめかなあ。これもっと薄くていいです。方眼タイプもあったらさらによし。


さっそく新フライタイイング覚え書きノート使ってみます

旧から新へ転記。

108円だから書き損じしてもぜんぜん気になりません。


気になる裏写りはこんな感じ。合格!

本家のモレスキンとおなじくらい裏写りしないかな。


さてFlyFisherの2011年1月号「才気あふれるフライ」。そうそう、ちょうどオオクママダラカゲロウのフライが巻きたかったんですよ。


秋田の名手、渋谷氏の巻くオオクマフローティングニンフ。さっそくメモっとこ。

メモりました。



筆ペンは何気にオススメ。はっきりした黒がコントラスト強め。ボールペンで書くより視認性が高いのです。細くメモでボールペン使うとか使い分けがいいのではないでしょうか。

そして写真の慶弔用サインペンは片側が「うす墨」となっています。墨に加えてうす墨も使うことで表現力がアップします。

ちょっとわかりにくいですが、モレスキンレシピジャーナルのイラストでうす墨使ってました。

さらにグレードアップさせるならみんな持ってるシマザキ・フライトーン。。コピックチャオでもOK。まあそこまでしなくてもいですかね。もったいないですもんね。



まあとにかく、
クロスオーストリッチはTMC108SPBLの#14や16で
イエローサリーはTMC2312の#14〜16。
とかいうのを迷わず出せるのでタイイング覚え書きノートはけっこう役立ちますよ。



関連記事