【料理】最近のうちの常備菜3種とカラスねた

最近買ったこの本、ジョエル・ロブションのおいしいつくりおき。

家飲み、というか晩酌をもっと充実させようと作り置きレシピのレパートリーを増やそうと思ったんですよね。






ただフレンチの作り置きなんで、生クリーム使うものが多くて思ったよりハードル高かったり。


【関連記事】
【備忘録】初秋の家飲みメニュー


にんじんのスパイス風味

これはニンジンのスパイス風味。

皮むいて短冊に切ったにんじん
塩入れて10分煮て
レモン汁、オリーブオイル、クミンシードを混ぜてあえるだけ。





なんだかんだで書籍からはこればっかり。
ものすごい美味しいわけでもないですが、簡単で一品できて冷蔵庫で1週間もつので。


キャベツの塩昆布レモン塩和え

これも冷蔵庫で1週間もちますね。
くったり煮たキャベツ(スチームケースなどで蒸しても良い)を塩昆布とレモン塩で和えるだけ。レモン塩レシピの中で一番簡単で一番好きかも。きっと誰もがうまいと言うでしょう。

これは確かどこかのサイトで見たレシピだったような。



レンコンマリネ


これも冷蔵庫で1週間もつかも。美味しくてその前になくなっちゃうけど。
酢と油、カリッとした食感がたまらない。

薄く輪切りにしたレンコンをフライパンで炒めます。
うちは多めのオリーブオイルで炒めるかな。
表面がちょっと焦げるくらい。
マリネ液は富士酢(ちょっと強めの味の濃い酢)に塩胡椒、そして唐辛子を半分くらい。
すぐ食えるし、しばらく置いといて味をなじませてもいいです。



おまけ


皮むいたトマトに熱々のピクルス液をぶっかけて、粗熱取れたら冷蔵庫。
3時間後から食える。冷蔵庫で5日くらい持つ。

レシピはこちら

トマトの丸ごとピクルス



ロールしたキュウリ。キュウリのロール。
これはロブションの書籍に載ってました。ピーラーで削ったキュウリを
バットに並べて塩とオリーブオイル。それをラップで覆う。
1時間後クルクル巻く。



おまけのカラス情報




信濃川の河川敷を歩いていたら一部のゾーンだけ足跡だらけ。
これはカラスの足跡でしょう。しかし何羽いたのか。なにがあったんだ!

近くに餌場もなさそうだったですが。

八畳くらいのところにびっしり。

【関連記事】

【年末特集】実録:カラスと踊る男






関連記事