【釣り】ミジカオフタバコカゲロウの真実【タイイング】

去年渡良瀬川で苦戦したライズはマイクロフタバのハッチって言われてたから、これってミジカオフタバコカゲロウのことですよね。たぶん。



ミジカオフタバコカゲロウっていえば、刈田敏三氏の水生昆虫小宇宙のフタバコカゲロウのところで以下のように書かれていました。

ダン、スピナーとも体色は両種とも同じでただサイズだけが違う。
って。

それで巻いたのがこれ。ミジカオフタバコカゲロウのイマージャー。

ところが

このFlyfisher誌をみたら

!?
この黒っぽい小さなダンはなんだ!?

これがミジカオフタバコカゲロウだ!
黒っぽい。
ニンフは藻が生えているとか。

ミジカオイマージャートラジ。

これが刈田氏の巻いたトランジショナルだ。

真似して巻いたが、ファイバーが暴れまくる!

イマージャーの方も

こちらのチューニング。
いくつかはこの色のままキープ。サイドコカゲロウとして使えるのではないかとツイッターで教えていただきました!

フライトーン!
一番上のオリーブグレイだけで良さげ。

塗った結果がこれ。

うん、いいじゃないですか。

しかしここんところ毎日ブログ書いてます。
早く川に立ちたい気持ちの現れですねー^^;





0 件のコメント :

コメントを投稿

関連記事