【釣り】釣り人のファイナンシャル・プランニングについて(追記あり)

フライフィッシングは金のかかる趣味ですよね。
わたしも3年前に転職してがっつりサラリーが減ってしまったこともあって、家計面でしっかりしないとなといくつか手段を講じました。
釣行回数減らしたくないし、必要なら遠出してまで釣りたいですもんね。
※180309 具体的にどれくらい削減されているか追記しました。

金の話はほんとからっきしで無駄な支出、失敗した買い物たくさんしてきた私です…。




まず支出には消費、浪費、投資あることを理解

何でもかんでも我慢・節約じゃあダメって言いますよね。

消費っていうのは一般には生活する上で最低限の費用ってことだ。
釣りにおける消費ってのは昼飯とか飲み物か。

そうそう、なるべくコンビニで買い物しないと節約になりますよね。
ペットボトルのお茶はスーパーの方が3〜4割安いです。
もっというと家でお茶を水筒に詰めて言ったらもっと節約。


消耗品のティペットとかリーダー、インジケーターなどはどっちかっていうと投資なんでしょうね。
ティペットはフロロ派です。

浪費とは将来的になにも生み出さない支出。無駄遣い。
釣りではあんまりないかな。使わないで飾ってあるクラシックリールとかないしな。

投資は将来的に価値を生むための支出。
こないだ購入したEpicは投資だったのだ。
あと遠征費は投資ってなるのか。


財布から金出す支出はわかりやすいですよね。
ビールを第三種に変更するとか、そういうのね。
しかしまず見直すべきは固定費の削減ってどこかで読みました。
長いスパンで考えると、この固定費の削減が家庭の支出に最も有効なんです。
ってことで、固定費のなかの浪費部分を見直すことが先決。





通信費の見直しをした

格安スマホってのがある以上、3大キャリアを契約し続けるのは浪費かな。って、
ソフトバンクからUQモバイルに変更しました。格安スマホです。

ドコモ回線使った格安スマホに比べると速度低下があまりないとか聞きました。
テザリングもできるし、外でYouTubeとか観ないし。それから家にも職場にもWiFiあるし困らないかなって。
ただ色々な優遇策のいくつかが2年のリミット付きなので、きっと2年後にまた乗り換えるんでしょうね。


ショップの人に話聞いたら、意外と年収高い人が変更していくんだとか。へー。

二人分で月額5千円くらいの削減。ただわたしの端末代の月賦が残っているので、これなかったら月1万円くらいの削減。デカイ。年間に換算してみて!


生命保険を見直した

うちは子供いないので、多額すぎる死亡保険は無用すぎる。これを払い続けるのは「浪費」と判断。私は社会人になってすぐに入った生命保険があったのですが、結構盛ってあったんですよね。
あと最近の医療保険、各社いろんなの出してます。オリックス生命とチューリッヒ保険がそのあたり強いみたいだっていうんで、乗り換えました。
三大疾病特約つけたりして。

1万3千円くらいが5千円くらいの削減に。
でかい。年間にしてみたらすげくでかい。

まとめ

あとは車を軽自動車にするとかプリウスにするとかでタイヤとかガソリン代とかの削減はできるかもしれませんけど、車選びって安全性だとか悪路走破性とか選ぶポイントはほかに色々あるんでね、ここはまだいいかなと。

通信費とか保険とか、情報持ってないと無駄に払うことになってしまいます。この手のビジネスはだんだん情報弱者から多くを取っていくようなものに変容していくんじゃないですかね。

支出・貯蓄・投資の3つをバランスよく回していくのが次のステップ。
投資どうするかなあ。イデコとかつみたてNISAとか?

参考になれば。



0 件のコメント :

コメントを投稿

関連記事