アケビに肉など詰めて焼いて食ってみた

アケビは日本に昔からあった在来種。
葉っぱが5枚のアケビ、3枚のミツバアケビがある。
うちには3年前からミツバアケビの鉢植えがある。

なんだか在来種というだけで惹かれてしまうものがある。
普段ヤマメ釣りしているせいだろうか。

アケビの中身は白くてどろっとしていてほんのり甘い。
種が多くて食べにくいんだけど。

外側を食べたことがない人が多いんだな。
実家ではたまに味噌炒めは食べていた。

今回は焼き物である。

アケビは熟すと勝手に開く。
このあと落っことしていきなり開いた。

種子は洗って春に植えよう。ん、自然界ではこの段階で地面に落ちるのだから
もう植えてもいいのかなあ。


洗って水気をとっておく。

キノコ類をみじん切りして合い挽き肉とあわせる。
おっと、レシピはこちらを参照。アケビ10個ってどんな大家族なんだ。

味噌とみりんと酒を入れた。手元の資料には砂糖を入れると書いてある。
詰め物なので濃いめの味付けがいいだろう。

火の通り具合からいえば、先に具を炒めといた方がいいだろう。

詰めたら両面をこんがり焼く。
弱火にしてふたして3分間蒸し焼きにした。

はい!できた!食いかけだけど。
ほろ苦くて味噌の風味が指摘のこがコクを出していて
滋味あふれる一品!

わざわざ寝かせ用「生酛 睡龍」を出したが、もっと味の強い酒でいい。

はい!竹鶴雄町純米!これくらいでちょうどいい!
アケビはまだあと2つある。
やっぱり炒めものかなあ。

関連記事