冬の簡単おかず レンコンのしょっつるおかか炒めと里芋きぬかつぎ

簡単なのにうまい!そんな冬おかずレシピを2品紹介したい。

はい!もうできた!レンコンのしょっつるおかか炒め!
もうしわけない。作ってる過程を撮らなかったもので。
レシピは以下に。


レンコン輪切りしたらフライパンに炒め油(あればごま油が良い)を入れて
レンコンの表面がこんがり焦げ目(ここがポイント)がつくくらい炒める。
焦げ目がついたらしょっつる(あるいはナンプラーでもよし)をからめたあと
おかかをたっぷり入れてからめるだけ。

と思ったら昔この記事の中でも紹介してた。

切り干し大根とちくわのしょっつるおかか炒め


焦げ目をつけることで食感も味も良くなる。
しょっつるのうま味が染みる(入れすぎると塩っぱくなるので加減して)。


もう逸品は里芋のきぬかつぎ。
新潟はおいしい里芋の産地だ。
大きくてきめ細かくてねっとりしているのが特徴とか。
そんな里芋をダイレクトに味わえる簡単料理だ。


はい!もうできた!できてしまった!里芋きぬかつぎ!
もうしわけない。こちらも作ってる過程を撮らなかったもので。
レシピは以下に。

包丁で水平に切れ込み入れてからスチームケースで
電子レンジ5分ほど。切れ込みから上の皮をはいでごまかけるだけ!


塩、醤油、甘味噌などで食べる。



以下甘味噌レシピ

味噌、味醂、砂糖を適宜。あればだし汁少々。
これを電子レンジで1分くらい。
加熱後すりごまを混ぜる。
柚子の皮があったらなおよし。

これだけ。スチームケースのおかげでかんたんうまい!
ねっとりとした冬の味。



関連記事