【釣り】とっくに製造中止となったSIMMSネオプレーンウェーダーいまさらレビュー

早春の釣りは寒さとの闘いでもある。
ウェーダーはやはりゴアテックスよりネオプレーンのものをチョイスすべきなのか。


商品レビュー

何年も前に製造中止になったSIMMSネオプレーンウェーダーをレビューしたい。

気持ちオリーブがかった茶色っていうのかな。
茶色に近いカーキっていうのかな。



胸ポケットのセンターにロゴ。


サイズはS。


ベロクロで止められる胸ポケット。

胸ポケットの両サイドにはハンドウォーマーもある。
裏地は起毛などしていないシンプルなつくり。

背面。ベルトループなどはない。
別売りのベルトをしめよう。

ストッキング型。足首にグラベルガードはないので必要ならば
別売りのものを。

幅のあるストラップはいいね。



さてネオプレーンの利点と欠点とは

ネオプレーンのウェーダーは素材的に汗が抜けないつくりなので
汗をかくくらいの運動量だと逆に冷えにつながってしまう。

移動量の多い厳寒期の釣り→ゴアテックスのストッキング型ウェーダー
移動量の少ない厳寒期の釣り→ネオプレーンウェーダー

と、なるだろう。
移動量が少ないとなるとウェーディングシューズと一体型の
ブーツフィットウェーダーの方が安価で手に入だろうな。
ストッキング型である意味合いは私にとっては薄かった。
気に入ってるけどね。


ネックゲイター、フィンガーレスグローブと共に。

出番は少ないながらもなにげに裂け目ができていたりするので
アクアシールなどで補修しながら使っている。

これはどこでつけた草かな?


汗対策をしつつ大事に使っていきたい。


リトルプレゼンツのこれ、ネオプレーンでフロントジップでブーツフィット。
割と安価であるしなかなかよさげだ。

関連記事