金時人参の切れっ端を水栽培したらすくすく育ってきた。

金時人参を煮物に使ったときに出た切れっ端。
グラスにつけて水栽培したらすくすく育ってきた。
こういうのはキッチン菜園というらしい。

水につけてほどなくして生えてきた葉っぱ。
葉先がきめ細かくてなんとかわいらしいことか。
これ1月8日。



<栽培法>
頭の方を2~3cmくらいに切り、水を1cm程入れた容器に入れる
日の当たる場所に置き、毎日2回、朝夕に水を取り替える。
雑菌が繁殖しないように、2日に1度は容器を洗う。
<調理法>
新しい葉はおみそ汁やスープ、かき揚げなど用途が多彩
1月9日。
どんどん育ってきた。
毎日水を替える必要がある。

1月15日。
わさわさと茂ってきた。
根っこが生える場合もあるようだがあまり期待しない方が良いようだ。


1月19日。
グラスから葉がはみ出してきた。
観賞用としても楽しめる。


1月21日。
人参はパセリと同じセリ科なので、葉っぱを刻めばパセリの代わりに使えるだろう。


根が出たら庭に地植えしよう。
しばらく見守りたい。

カブの切れ端もやってみようかな。
味噌汁の具にできるだろうな。


1月25日。
今撮った。根元をみるとさらに小さい芽が生えてきていた。
しばらく見守って行きたい。




関連記事