【デジカメ】富士フイルムのX-T1も出たし、各社の防塵防滴ミラーレス一眼が揃ってきた

本日オリンパスのミラーレス一眼OM-D E-M10が発表されました。


残念ながら防塵防滴ボディではなくなり、ついでに手振れ補正も5軸ではなく3軸になり、
フラッシュとWiFiが内蔵とは言うもののE-M5に比べるとスペックダウンした感があります。
釣り人目線でいうと残念な発表でした。期待してたのだけど…!




E-M5から始まったOM-D(オリンパスのミラーレス一眼で電子ビューファインダー内蔵デジカメ)の系譜はハイエンドのE-M1、エントリーのE-M10に別れて
そして直接の後継機種のないままのE-M5が販売継続…という現状です。
半年くらいったら後継機種が出るのかどうなのか…。


ところで昨日、富士フイルムが「FUJIFILM X-T1」を正式発表しました。
これで防塵防滴のミラーレス一眼(そして電子ビューファインダー搭載機)は

  • フルサイズ ソニーα7、α7R
  • APS-C  FUJIFILM X-T1
  • マイクロフォーサーズ OM-D E-M1、E-M5

と各サイズ揃ってきましたね。

画質的には映像素子が大きい方が有利なんでしょうが(階調表現や暗所性能)、
その分レンズも大型そして高額になるので、その辺が見極めのポイントでしょうね。
電子ビューファインダーはけっこうバッテリーの消耗が激しいようなので
電池2つ持ちは普通なんでしょうか。


それでは改めて釣り人目線で見ていきます。


ソニーのα7

  • フルサイズの映像素子
  • 防塵防滴に配慮したボディ(配慮っていう点はちょっと気になります)
  • レンズがでかい(そして高額)
  • レンズの種類がまだ少ない
  • マウントアダプタでオールドレンズ遊びが楽しそう
  • 直線的なボディのデザインがモダンで新鮮。割と好き。
  • 手振れ補正はレンズ側
  • Wi-Fiつき





富士フイルムのX-T1

  • APS-Cの映像素子
  • 防塵防滴ボディ
  • 電子ビューファインダーの倍率世界一でタイムラグも最小。
  • レトロデザイン(NikonのDfがこうだったら良かったのに)
  • レンズが少ない。Xマウントは富士だけの規格なんで仕方ないのだが。
  • Xマウントレンズって高いのか安いのかちょっと分からない。
  • 露出ダイヤルが独立してついているなど操作性は好みな感じ。
  • 手振れ補正はレンズ側
  • Wi-Fiつき




 

オリンパス OM-D E-M1

  • マイクロフォーサーズ
  • 防塵防滴ボディ
  • 名前が長い
  • わりとクラシックなデザイン
  • 手振れ補正はボディ内。5軸。
  • Wi-Fiつき
  • 高速・高精度「DUAL FAST AF」でフォーサーズレンズにも対応
  • 電子ビューファインダーはOM-5よりも性能が上
  • そろそろ値ごろ感が出てくるといいな(希望的観測)





オリンパス OM-D E-M5

  • マイクロフォーサーズ
  • 防塵防滴ボディ
  • わりとクラシックなデザイン
  • 手振れ補正はボディ内。5軸。
  • Wi-Fiはない。
  • あれこれ割り切るならコストパフォーマンス的に魅力あるモデルと言える



実はフォーサーズレンズを何本か所有しているので
それだけでもE-M1が欲しいのですが
価格面からE-M5にも惹かれています(とくにE-M10の発表を見てしまってからは)。



価格のこなれ方も見て判断しようと思っています…。






関連記事