スノーピークのカタログゲットした 中身をちょっと拝見

長岡のプロショップ「パーマーク」に行って
スノーピークのカタログをゲットしてきた。

スノーピークといえば
  • エーベルのリールの代理店をやってた(今はやっていない)
  • 燕三条の会社で新社屋が立派
  • 私は「地」「天」「和武器」を所有している。

私はあんまりキャンプもしないし、それほどスノーピークの熱烈なファン
というわけではないが毎年カタログを楽しみにしている。
写真もきれいだしていねいに作ってあるなと毎年手にするたび思う。





 なんと今年のカタログは3冊にわかれた。

  • SCENE(赤)
  • PRODUCT CONCEPT(黒)
  • CATALOG(白)

表紙は今までのものより薄くなった。
すでに折り目がついてしまった(汗

これは一昨年のカタログ。去年のが見つからなかった。

3冊まとめると今年のカタログの方が厚みがあるのが分かる。
左が今年で右がおととし。


赤い表紙のSCENE。
大きな写真と軽い読み物が11編入っている。
余白が美しい。文字はちょっと小さい。


白い表紙のPRODUCT CONCEPT。
商品コンセプトや開発の背景、シリーズの歴史などが語られる。


これはガーデンユニットテーブル。
アウトドアプロダクツというより家具かな。


白い表紙のCATALOG。
愛用のコンパクトなストーブ「地」があるのを確認してホッとする。
しかし商品点数多いよなあ。

スノーピークというと焚き火台やユニットシステムテーブルなど
オートキャンプ用品を数多くラインナップしているが
本格的な山岳テントや山岳用寝袋なども揃っている。
それからLEDランタンも種類が増えた。

意図的に幅広いターゲットにしているのだろうか。
底力を感じるなあ。


それでは新製品を中心に気になるものをピックアップ!

玉子焼き器 Pro。
フッ素加工でセラミック焼き付け塗装、IHにも対応。
普通にキッチンでも使えるな。


頭部の傾きに合わせて光軸が移動するというLEDヘッドランプ。
ちょっとショップで試してみたいな。
照明器具も作っちゃうところがすごい。LEDの商品数も拡充してきている。


Tap Houseはパソコンなどの電源コンセントやACアダプタを
雨から守る小屋。これいいねえ。
コンセプトからして新しい。

シェルフコンテナは特に新製品というわけではないが。
荷物を運搬するコンテナがそのまま収納棚(シェルフ)になってしまうというもの。
リビングでも活躍しそうだ。


おどろいたのは自転車がラインナップされていたことかな。
MULLERとのコラボ。
自転車にはまったく詳しくないけども、このタイヤは
トップチューブとダウンチューブが分割できるシステムって書いてある。
なんかすごい!

「本社:HEADQAURTERS Natural Lifestyle Store」
「Snow Peak 二子玉川」 
「Snow Peak 横浜みなとみらい」
「Snow Peak 太宰府」 
の4店で買うことができる。




コンパクトなランタン「天」を使うならこのメッシュグローブが便利だ。
ガラスと違って割れないし衝撃に強いよ!


関連記事