【釣り】ワラビ大量ゲット&ライズハンティング里川

ワラビがやたら多く生えるエリアの里川へS氏、Y氏という諸先輩方ともにアタックしてきました。目当ての川は増水してたのでこの川へ退避したのですが、こちらはやや増水が功を奏したようですね。


ワラビがふっとつ(たくさん)採れました。


虫が少ないかな、などと言いつつ入渓するもライズがぽつぽつ。
なんだ、虫多いですし魚の活性も高いです。



ライズの主がフライを見切ったので、フライをムアヘンパラシュートに交換したら一発で来ましたヤマメ。


3人ローテで釣り上がっていきます。
ライズを取ったり取れなかったり、たたきで出したり魚に走られたり。


ムアヘンパラシュートを有効に使う


ムアヘンパラシュートはスピナーが流れているとき、ガガンボが出ている時に有効だと思っています。ここ大事なポイントです。





ちゃんと撮影する前に逃亡。

昨日おとといの雨でちょっと増水。しかしこれがよかったようです。
なにかマダラのスピナーとともにクリーム色のダン。たまにミドリカワゲラ。オドリバエも多かったですがライズには結びつかなかったようで。




幅広ヤマメでました


幅広ヤマメきました。

8寸くらいでしょうか。

どこか優しい顔つき。メスでしょうかね。

ポツーンという小さいライズかな?という。イワナか小ヤマメかと思ったら意外にいい型でした。ライズ多かったです。


この護岸ブロックはヘビの団地。シマヘビ。

アオダイショウ。この個体は黒ずんでますんでもうすぐ脱皮でしょうね。

水量があってクリーム色のダンがハッチしていたのでヘアウイングダンをメインに釣り上がりました。この時期しか使わないフライですが、かなり効きました。

なにかマダラのスピナーが蜘蛛の巣に。なんでしょう。オオクマスピナー?

ランディングネットを背景に魚を持ち上げつつ撮影すると、魚も立派に見えてくるという撮影テクニックを駆使。

これもライズハンティング。
叩いて釣った数よりライズをハントした数の方が多かったかも。

スペント〜溺れたダン(DD系)フライでした。
クイルボディのバックファイヤーダン仕立て、ウィングはヴェインファイバー。

おお、まあまあ。

うーん、そこそこ。


おチビちゃん。

まあまあ。

シュレーゲルアオガエルの卵のうに襲いかかっているアメンボ。

巻き返してちびヤマメ。
このあと2つ川を見て納竿。

左がS氏、右がY氏。どうもお世話になりました!
またよろしくお願いします!

このあとワラビを山分けしました。


アクを抜かれたワラビ。



   


関連記事