【釣り】GW最終日、小渓流にてイワナ、ヤマメと遊んだ

GW最終日、小渓流にてイワナ、ヤマメに遊んでもらいました。
なんたって昨日はすっぽ抜けのアワセ切れでボーズ食らってしまいましたんで
確実に釣果をあげたいところです。



小渓流。水が少なくなってきているせいか、魚は渋め。
反応が鈍く、出ても毛針をつつくだけ

なんてことが何回か続いたあとに


ようやくイワナ。

山桜の花びらがチラチラと散っています。
こういうときってドライフライへの反応鈍いかも。


堰堤まで来たところで、上流へ走る大型RV車。
釣りかな?山菜かな?


別の川へスライドして…
ヤマメ。小さくてもヤマメが釣りたかった。

ツル植物のカーテン


サビの残るヤマメ。



黄色クイルボディのCDCダン。
テールが長いとかあれこれ突っ込みどころはありますがよく働いてくれました。
(このあとロストしました)

ヒキガエルの産みたて卵のう。


潜るのが得意なヒキガエル。

こちらもサビの残る魚体。

上の方にはまだ雪渓が残っているからなのでしょう、11.5℃。


トウホクサンショウウオの卵のう。クロサンショウウオはこれからですかね。

分かりにくいですが、たくさん産みつけられていました。

こんなところにも。

小さいながら体高があってきれいなプロポーション。

オタマジャクシ

こちらもトウホクサンショウウオの卵のう。


渇水気味の川もあり、まだまだ水の多い川もあり
釣り的なコンディションはまだら模様のまま初夏に突入です。


関連記事