【釣り】初夏の川を妻と釣り上がってみたのだが

庭の害虫退治をしたあと妻と川に行ってきました。
昼前に入渓。

先週水量がまだ多かった川ですが、今日はだいぶ落ち着いていました。
さっそく妻がヤマメを。



フライを追いかけるように食ってきました。

幸先のいいスタート!

ヤマメがまとまっていたポイント。
わたしもここで小ヤマメを2匹ばかり後ろにすっ飛ばしたりしたあとで…

私もゲット!写真が日陰!

いい流れだなあ。

しかし最初だけで続きませんでした。釣れた箇所はたまたま放流ポイントに近かったんですかね。
いい渓相、水もきれいなのに魚影は薄かったです。
エッサマンに抜かれているんですかねー。


このあとラン&ガンなエッサマンが横入り(なんなんだほんとにもうマナー悪いな!)したりする場面もありつつ、さらに釣り上がります。

出ませんねー。抜かれているんでしょうか。


河原にアリジゴク。


ちょっと下流部に気になったポイントがあったので行ってみましたが
たまにフライを見に来る程度。魚種不明。うーん。
魚影は薄い。条件のいいときはいい型が出る可能性もあるかもですが…



目当てのイブニングのポイントがある川へ移動。


去年より浅くなっていましたが魚はついていました。
しかし虫も少なく活性は低かったですね。

3匹くらいモンカゲロウを、それからクリーム色の小さいメイフライをみましたが、ライズは渋めのシッピング。
なに食ってたんですかね。フライへの反応もきわめて鈍く。
というかほとんど無視。


そうそうに納竿して日帰り温泉で汗を流して帰路につきました。
あ〜あ(;´Д`)




関連記事