【釣り】ピーカン、強風、田んぼ濁りの川での結果は…

1週間前にいい釣りした川へ再度アタックしてきました。が、
結局ボーズでした。




うっすら田んぼ濁りが入っています。それよりひどいのが強風。向かい風。



風にたなびく枝を撮りたかったんですが、止まってしまいましたね。
全く反応なし。虫もほとんど出てませんし。もちろんライズも皆無。

ポイント移動


先週よかったポイントは濁ってます。このあとさらに濁りは強くなり

支流に逃げるもアタック2回のみ。ここは来年もうちょっと探ってみたいところ。
また先ほどのポイントに戻ってみたら

すごいハッチ。

オオマダラ、エルモン、小さい目のヒラタ、マダラ、シナモンカディス、中型カワゲラ、キンパク(イエローサリー)、そしてヒゲナガ。





ヒゲナガピューパに全てを託そう!

だめでした。撃沈。ゴボゴボゴボ…

もっと早くニンフを試してみるべきでした。今日もそういう意味では学びの多い釣りって言えるか。あ〜あ。

ペンタロッドは素直で投げやすかったです。
今日のところはこのくらいです。遠征した意味なかったですね。日本海側は増水してるって思ったんですが、結果だけ見れば、状況はここよりマシだったんじゃないでしょうか。


2名の近所の方と話したんですが、やはりカワウで魚激減とか。
それから放流していないようだと。やっぱりそうなんですか!




関連記事