【釣り】初夏の大量ハッチへの期待!ヒメヒラタカゲロウを巻く【タイイング】

先日まとめてタイイングしたのは、当然アダムスパラだけじゃありません。
前から巻こう巻こうと思っていたあの白っぽいメイフライ。
よくGW後にわらわら出てくることがある小さめのヒラタカゲロウ。

あれなんていうカゲロウなんでしょう。と思って調べてみたら


あ、これこれ、たぶんこれ!


ヒメヒラタカゲロウ


時期や姿はこの辺っぽいですね。
ヒメヒラタカゲロウ。


産地渓流から平地渓流の早瀬から平瀬の流心部に生息しているヒメヒラタカゲロウの仲間。生息量はすごく多い。(中略)
4月下旬から5月上旬頃には大量に集中して羽化が起こり、翌日や翌々日にスピナーの大群飛行が見られることがある。
水生昆虫ファイル1より引用




まあこれじゃなくってもいいんですが、とにかくちょいちっちゃめのヒラタカゲロウを巻かなくちゃって思って。




白っぽいのでライトケイヒルとかのダビング材でしょうか。
翅はシルバーグレイ。

じゃあ早速巻いてみましょう
レッツエンジョイタイイング〜

フック:TMC226BL  #16
これ気に入りました。

【釣り】レネ・ハロップ氏もお気に入り、TMC226BL買ってみた


インジケーター:ヴェインファイバーの「パーシモン」 これべつにエアロドライウィングのピンクでもいいんですけども、より自然な仕上がりを求めているなら、このパーシモン、いいですよ。天然素材でナチュラルカラーです。

ウイングはライトケイヒルにしましたが、ライトグレーでも良いでしょう。今日はそっちが見当たらなかったんです。

はい!もうできた!ヒメヒラタカゲロウ!のバックファイヤーダン。
DD(Drowned Dun)パターンとも言いますね。


ウイングはヴェインファイバ−2束使ってます。こんなもんかな。


ダビング材はスーパーファインダブのライトケイヒルかなんか。


テールはちょっと下げ気味で。



クロマダラとかチェルノバマダラ的なものも作りました。
DD系フライは簡単に量産しやすいのがいいですよね。

今年この虫のハッチに当たるかな〜。


関連記事