【釣り】遠出した甲斐があったGWの釣り。複合ハッチに対峙

GWのどまんなか、ようやくいい型がでてきましたよ。


結構充実しましたねー。
GWなので高速に乗ってちょっと遠出。



早起きは失敗したものの、9時過ぎには川に着けました。が、寒い!10℃しかない!
しばらく車から出れませんでした。

わかりにくい写真ですけど、あんまり寒いのでダウンシャツ出しました。
ツバメが水面を飛び交い始めたので入渓。何かしらハッチしてるんでしょうね。


入渓してクサいところを叩いていきますが全く反応なし。
厳しい釣りになりそうな予感。


後から撮影したものですが、このポイントで「ザブン」というライズ。

いやびっくりしました。突然の激しめライズだったんで。


フライを投げたらザブン!ギリギリで見切られました。
これも驚きました。



聖闘士星矢でフェニックス一輝が「燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや」とかのたまったときくらいびっくりしました。彼は粗暴で無教養なキャラだと思ってたのにいきなり難しいこと言いだしたんで。どうでもいい例えですが。

キミは小宇宙(コスモ)を感じたことがあるか…



それにしてもやたら岸寄りですね。




めげずに釣り上がっても反応なし。

おっとと、
!?
さっきのようなライズが「ザブン」。
アダムスからクリップルダンに変えて投げてみると…一発。

一応言っておきましょうか。
「“待”ってたぜェ!!この“瞬間(とき)”をよぉ!!」

いいじゃないですか。いいヤマメじゃないですか。8寸ちょい?

イイネイイネ、イイヨイイネ!(カシャカシャカシャ)

鮭のような側線の赤み(レッドバンド)。



比較的太い流れから

クリップルダン

ふと岸辺を見るとカサカサと動き回る虫。

カワゲラ!


カワゲラお前だったのか。岸辺でザブンというライズの正体は。なるほど。言われてみれば。
勉強になりますー。

午前の部終了。ひるめし。


ポイント移動が当たった


釣り損ねたライズポイントで粘るも全く反応なし。
上流へ移動。

だめなら他の川見て帰ろうかな…
なんて思ってたら橋の下にライズ。
ちょうどエサ釣りのおじさんと一緒になって、上流と下流で別れて釣ってみようってことでライズポイント譲ってもらいました。ありがとう、フィアット500のおじさん!


ライズポイントはかすりもせず。叩き上がりで見切られ、ライズ見つけるも無視され、
さらに合わせ切れの後!


上流からダウンクロスで流し込んだら、
!?
さっきフライ無視した個体来た!




これまたいいのが出た。


成魚放流って感じでもないヒレ。

色素がやたら沈着してる個体。


おととい巻いたライトケイヒルパラシュート。


真ん中の大きくて丸い石の脇。流れの脇。

ここは全くかすりもしなかったライズポント。複数個体が付いていた。

ここらのアケビはミツバアケビでない方のアケビ。


一度上がって再びトライ。
すると下から急上昇するような神経質そうなライズみつけたよ。
これは出ないだろう…と思いながら気軽にフライ投射。

!?
キャスト一発。おいおい、簡単すぎやしませんか。

流れに乗らなかったので苦労なくランディング。割とでかい。

わーお!9寸あるかな。



!?
伝説のアオミドロフライ!?いやいや違います。

これはCDCたっぷりのイワイスーパーカディス。

【釣り】ライズ取りに釣り上がりにと活躍するフライ、イワイスーパーカディスを巻く。

そうなんですよ。
カディス、中小型ヒラタカゲロウ、エルモン、コカゲロウ、ミッジとさまざまハッチしててなに食ってるかはっきりわからなくて。



また来たドン。
こりゃ7寸くらいかな。

Xカディス。



このあと虫はわらわら出るんですがライズは下火に。
そのまま納竿。

贅沢言っちゃいかんですね。上々の釣り。
ライズに一発で出るって気持ちいいですよね。

SAPPORO NIPPON LAGER Premium(ニッポンラガープレミアム)で祝杯。

取れないライズも含め大変勉強になりました。








関連記事