【釣り】プロショップでシムスのウェーディングブーツ2014見てきた

長岡のフライフィッシングのプロショップ「パーマーク」へ行ってきたので
シムスの2014ウェーディングブーツを中心にレポートします。
写真はお店に許可をいただき撮影(iPhoneですけども)してきました。




ちなみにウェーディングシューズ選びのポイント

私の場合はこうです。
  • 軽さと堅硬性のバランス(軽いにこしたことはないが…)
  • フィット感、サイズ感
  • ソールのグリップ力(フエルトにはこだわらない)
  • ソールの水切れの良さ(ビブラムなどに期待)
  • ソールの柔らかさ(慣れかもしれないが…)
  • 価格
  • 着脱のしやすさ

上にいくほど優先順位が高いですね。



シムスのウェーディングブーツのハイエンドはこちら


まずは今年の新発売のこちら。

G4 BOA BOOT $239.95
¥33,600


  • シムス最新かつ最上質の左右非対称ボアシステム採用。
  • 進化したRiverTread™プラットフォーム採用
  • 強固なグリップ力を発揮する4.0mm厚ビブラム®Idrogripアウトソール
  • 防水PUコーティングされたレザーアッパー素材とアウターマテリアルは最上級の耐摩耗性と高耐久性を実現。
  • 暖かさとクッション性、脱ぎ履きの利便性を追及したフルネオプレンライニング。
  •  両足で約1633グラム(US10サイズ)

ハイエンドモデルだけあってなかなか高額です。
とても手が出ません。重量もなかなかです。
釣り上がりがメインなのであればこれを選ぶことはないでしょう。
しかしこれでもかというハイテック搭載には興味をそそられます。



これが一番気になったベイパーブーツ


$169.95

  • 合皮、布地、ラバーを使用した軽量・小型ウェーディング ブーツ
  • ファーストハイキング&ウェーディングに適したSIMMS NEW Vapor Tread プラットフォーム採用
  • all-day ハイキングに適したトップ ライン形状
  • 内側にはネオプレーンを採用し着脱性、保温性、クッション性を確保

シムス唯一のミドルカットウェーディングブーツ。
足入れはネオプレーン。アクティブ派にはこれですね。


カタログ落ちしたヘッドウォーターブーツよりも現代風ですね。

個人的にはこれが一番気になりました。
重量についてはもっと軽いものが他メーカーであるのですが
軽ければいいというものではないと考えます。

実売価格は¥23,000前後でしょうか。



新製品以外もチェック


$179.95

シムス・リバーテックBOAブーツ・ビブラム
¥23,100
これは新製品ではないですけども。
合皮アッパーと最小限に抑えた縫い目が特徴の「クリーンストリーム・デザイン」を採用。新しいリバーテックM3BOAレースシステムを搭載することにより片手でも簡単に適切なフィット感を得られ、更に靴紐の水分や汚れなどのストレスからも開放されます。アッパーは、ラバー製トーキャップで耐久性がアップ、インナーはパッド入りで外部の衝撃から足を保護します。ミッドソールは高密度EVAとヒール部の低密度EVAの二重構造で歩行時の疲れを低減、本流から渓流まで、多様なのフィールドに適したブーツです。



$99.95
¥14,700

  • 強さと快適性を備えた、軽量タイプのエントリーモデル。
  • スクラッチラバーのトゥガード
  • 水はけの良い丈夫なメッシュアッパー
  • 重量(片足):612グラム(サイズ#10)
エコノミーで軽量なモデル。ウェーディングシューズなどしょせん消耗品と割り切るならありでしょう。



シムス以外もチェック


おっと、こちらはティムコが出してるFoxfireの新ライン
エアリスタのミニマリストシューズ。どっちも旧モデルでしょうか。
源流釣行のための軽量ウェーディングシューズ。
ワイズは細め。


ウェーディングシューズの選択肢はもっと増えてもいいですよね。
コーカーズはチェック忘れてました(汗






関連記事