【料理】料理通信に載っていた「貧乏人のスパゲッティ」作ってみたけどシンプルな分だけ難しかった

赤かぶのサラダに続いて、今月の料理通信から「貧乏人のスパゲッティ」を作ってみました。
玉子とチーズのスパゲッティ。でもカルボナーラじゃありません。
焦げ目を付けた目玉焼きをつぶしてソースにするんだそうです。


一人分
  • スパゲティ2.2ミリ(太い!)
  • 卵 2
  • オリーブ油 適当
  • 水 100ml
  • 茹で汁 レードル1/2杯

  • パルミジャーノ おおさじ4
  • ペコリーノ・ロマーノ おおさじ2
  • エキストラヴァージンオリーブ油 おおさじ1
  • 黒胡椒 3挽き



卵をたっぷり目のオリーブ油で焦げ目つくまで焼きます。

裏返して両面こんがりに。

木べらでつぶします。

どんどんつぶします。

水を加えて煮込んでソースにします。6〜7分煮ると良いとのことですが
麺が細いのしかなかったのです… そんなに煮込んでられません…(;´Д`)
茹で汁を加えて塩分と麦の粉の風味も。


えや〜と麺を投入して木べらで混ぜつつエキストラヴァージンオリーブ油をひとまわし。

チーズを全面にかけます。パルミジャーノがちょっと足りないかも!
ペコリーノ・ロマーノなんてないし!とろけるチーズを投入!



はい!もうできた!貧乏人のスパゲッティ!
煮込みの足らないソースながらペロリとイケました。
ちょっと奮発して青臭さが強いオリーブ油買ってて正解!

ソースの塩加減とチーズの分量がポイントでしょうね!
ベーコンあるならカルボナーラにしてしまう気がしないでもないですが
選択肢として面白いでしょう!


料理通信編集部の方からのTwitterで、「麺が太いのもポイント」とのアドバイスがありました。(あどばいすありがとうございました!)
うむむ。


  


関連記事