【料理】雑誌「料理通信」に載っていた赤かぶのサラダがうまそうなので作ってみた

今月号の「料理通信」に載っていた赤かぶのサラダがうまそうだったので
いつかやってみようと思っていたのですが
ちょうどよく赤かぶをゲットできたのでさっそく作ってみました。



割と簡単そうにみえました。

赤かぶ 大きめ1個
エキストラヴァージンオイル 大さじ4
塩 ひとつまみ
黒胡椒 ひと挽き
赤ワインビネガー 小さじ1/2
レモン 1/4個
アンチョビ6枚。

アンチョビが多いですね。
レモンがなければ酢を増量か。

赤かぶ。カブっぽい香りのする辛味成分が多いようだ。
小さめを2個。

レシピではチーズグレーダーの一番大きな目でおろすとあります。
チーズグレーダーとは何ぞ?


こういうものでしたか。今回は千切り器でやりました。

オリーブオイルでからめて


ワインビネガーがないので米酢。というか富士酢。

自家製のレモン塩でも出してみますか。
(これが今回の敗因になってしまったとは…)


レモン塩は刻んでみました。
アンチョビを加えます。さすがに2年前のアンチョビは身がぐすぐすになってました。
去年作らなかったんですよね(汗

はい!もうできた!赤かぶのサラダ!
ちょっと塩っぱかった!レモン塩の使い方なかなか難しい!

とくにレモン無しで富士酢だけでもいいかもしれませんね。
それと松の実をぱらりとかけても良かったかも。

次はおいしく作りたいものです。反省。





  

関連記事