【新潟】沼垂の一箱古本市に出店してきました

今日の新潟は12年ぶりに新潟競馬場でGⅠレースのスプリンターズステークスを開催するなど色々あったようですが、われわれ夫婦は一箱古本市in沼垂テラスに出店してきました。



今週日曜の一箱古本市に出ることになりました【トビケラブックス】
今週日曜の一箱古本市に出ます…の続き【トビケラブックス】

こちら事前告知。




沼垂テラスというのはいろいろな業種の出展者が出るイベントですね。ワークショップあり、飲食店あり。


ちなみに沼垂(ぬったり)という地名は日本書紀にでてくるこちらに由来してます。


渟足柵
渟足柵(ぬたりのき、ぬたりのさく)は、飛鳥時代大化3年(647年)に越国(高志国)に置かれた城柵日本の城)の1つ。沼垂城とも書いた。詳細な所在地は不明だが、現在の新潟県新潟市東区にあったと考えられている。廃絶の時期も不明だが、8世紀初めまでは存在した。史上最初の城柵と目される。

へー!
トビケラブックス。

 開店当初





マニュアルがあります。

出店のもよう。ブログの読者さまが来店くださいました。なんと!
釣り場ガイドが売れた!
ありがとうございました!

ブログ読者の生の声が聞けるなんて貴重な体験。ありがたい。

全然写真など撮ってる余裕もなかったです。
本はそれなりに出ました。平均くらいだったようです。
一箱古本市終了後、懇親会の会費もここから出しました。

閉店間際に売れてよかったジャイアント馬場写真集。


自分が店主になるというおもしろ体験はお金に換算できない貴重な体験でした。売れると思った本がまったく手にも取られなかったり、誰が買うんだこんな本というのが速攻売れていったり。

次の機会も出店してみようかな。



関連記事